本文へスキップ

EBiNA行政書士事務所では、VISA・帰化・法人設立など、法律専門職による安心サポートを行っています。

TEL. 046-256-2525

〒252-0024 神奈川県座間市入谷5-21-1ウエストポイント.Tビル 2F
Westpoint. T Building 2F
5-21-1 Iriya, Zama-shi Kanagawa
〒252-0024 JAPAN

EBiNA行政書士事務所は、外国人・外国企業をサポートする行政書士事務所です。

TOPICS 2015.08.22

    2015年より入管の新しいルールが始まりました!
    1, 4月1日より、在留資格が整備され、高度の専門的な能力を有する外国人材の受入のために、在留資格「高度人材1号」と「高度人材2号」(在留期間無制限)が新たに設けられるとともに、日本で起業する方向けの「投資・経営」をより起業しやすくするために「経営・管理」に変更、「技術」、「人文知識・国際業務」を「技術・人文知識・国際業務」に一本化されました。
    2, 1月1日より、在留資格「留学」の範囲が広がり、中学生、小学生の留学生にも「留学」が付与されます。

TOPICS 2014.10.27

    難民申請急増 就労目的か ―生活支援を「悪用」―(平成26年10月18日付 読売新聞朝刊)
    読売新聞の朝刊一面記事に日本への難民申請の件数が急増しているという記事が載っていました。2010年3月の制度改正で、難民申請中の外国人に対して人道的な配慮として、在留資格(短期滞在を含む)を有する者からの難民申請があった場合、一定の期間が経過した者に対しては、単純労働を含む労働が可能とする措置がとられることとなりました。
    日本で働くためにこの制度を利用して「偽装」難民申請が横行しているとの内容です。
    これを受け法務省も制度是正へ動き出すとのことです。
    確かに、入管へ行くと難民申請中で特定活動6月の在留期間更新許可を受けている外国の方が目立ちますし、当事務所へも難民申請中の方からの相談があります。
    今後どのような制度改正が行われようとしているのか動向を注視する必要があると思います。

NEWS新着情報

2015.8.22
トピックスと在留資格一覧を変更しました。
2014.11.28
メールフォームを設置しました。メールにてのお問い合わせの際はメールフォームに必要事項を記載し、メールを送信して下さい。
2014.10.27
TOPICSを更新しました。
2014.6.30
サイトをオープンしました。

バナースペース

EBiNA行政書士事務所
EBiNA Administrative Lawyer Office

EBiNA行政書士事務所 VISA・帰化・外国人の法人設立等法律専門職による安心サポート

〒252-0024
神奈川県座間市入谷5-21-1ウエストポイント.Tビル 2F

Westpoint. T Building 2F
5-21-1 Iriya, Zama-shi Kanagawa
252-0024 JAPAN

TEL 046-256-2525
FAX 046-256-2515